カードローンの返済時に気をつけること


カードローンの返済の中で、気をつけなければならないのは、お金があるのに引き落とし口座にお金を入れておらず、金融機関側からグレーな扱いを受けてしまうことです。


はっきり言ってお金がなくて返済できないならまだましです。
お金がないのですからある意味仕方が有りません。


でもカードローン申し込み時に指定した口座を、いつもよく使う口座に指定していなかった為に、ついついその口座にお金を入れておくことをやらなくなってしまい、
他の口座にたんまり残っているのに引き落とし口座だけお金が入っておらず、結果的に引き落とされず、電話がかかってきて催促されるのならば、それは勿体ないです。

カードローンを利用者にもいろんな事情があり、普段使っている口座だからこそ、カードローン申請時にこの口座で登録したくないとか、この口座から引き落とされると面倒だ、この口座から引き落とされては生活の計算が狂う、などで、特別に普段あまり使ってない口座をカードローン申請時にわざと記入する人も少なくありません。


ところがそれをしてしまうと普段はあまり使っていないわけですから、かなりの注意が必要で、定期的にお金をその口座に入れておく必要があるのですが、
案外その作業はいつでもできると思っている分、いつでもいいかと思ってるうちに期日が来てしまって、結果的に引き落としが出来ないはめに合う人が多いです。


このような事態にならないよう、様々な理由があると思いますが、基本的にはメインで使ってる口座をカードローン登録時には記入しましょう。


そして、口座残高がどれくらいあるのか常にチェックできる状態にして、金融機関の評価を高くし続けておくようにしましょう。

支払い能力があるのに、マイナスの評価を受けるのは明らかに損だとおもいませんか?