過去に事故があった人はどうすれば借りれるのか


ここでいう事故とは交通事故のことではなくて、金融事故のことをもちろんさします。

信用情報会社がカードローンを利用しようとする人の、過去の情報や利用履歴を取り出して審査することを与信といいます。この与信に不安のある人はどのような行動をとっていけばいいのでしょうか?

そのような方におすすめなのは、目的別カードローンに限定して審査をしてみることです。


この目的別カードローンというものは審査が少し甘いと言われています。審査が少し甘いということは審査結果もすぐに出るということであり、申請した当日内にカード発行がされる事も可能なのです。

申請した当日にカード発行がされるということは、そのカードを使ってお金を借りることができますので、いわゆる申請した当日にお金を借りるということが可能になるのです。


その代わりと言ってはなんですが、一般的なカードローンやキャッシングの申し込みに比べると審査が緩い分だけ、金利が高いです。金利が高いということは長期間利用するとその分多くお金を支払う必要が出てくるため、目的別カードローンを申請する人は、返済シュミレーションをしっかりとチェックする必要があります。

返済シュミレーションをしっかりとチェックして後々にの返済が大変にならないように努めましょう。

金利は借入期間が長い方が低くなる傾向があります。逆に短い場合は金利は高くなります。お金を借りるためには審査に通らないと話になりません。

なりふり構っていられないのが消費者の心理だと思います。借りてしまえばあとは返済の仕方、そこに知恵を使うということになりますので繰り返しになりますが、返済シミュレーションをしっかりと見ながら返済計画をきっちり立てることをお勧めします。


返済シミュレーションはアコムやプロミスや、その他金融会社はどこでも提供します。必ず利用しましょう。