契約時に必要なもの


カードローンを申し込むときには以下のような書類が必要です。

まず自分の収入を証明するもの。
これは収入証明書が一番シンプルでいいでしょう。


金融機関は何よりもまして経済力を見ますので、まずはここである程度どれくらいのお金を貸すことができるのかということを判断してきます。


収入証明書は金融機関にとって非常に有効な証明書類となりますが、近年IT 化が進み、一般的な市民がIT 技術を駆使することによって公文書偽造する例も多発していると聞きます。もちろん審査をする側はそういった事実も織り込み済みで提出された文書が本物なのか、偽物はのか見分ける術を持ってはいますが、実際お金を貸し付けたり金融機関側にしてみれば、最低限のチェックはするけれどもそれ以上手間隙をかけてまで審査をしないのが現実です。


破産者や債務不履行で返済ができなくなる人は、一定の割合で必ず存在します。


考え方は保険会社と同じで、利用者のうちの一定割合で必ず業者側が負担しなければいけない金額というものはサービスを提供する当初より数値化して持っているので、公文書偽造するような悪質な利用者がいるとしてもあくまでもそれは少数派であり、かなり限定的なため、お金を親に貸し出すというビジネスに必ずまとわりつくマイナスな部分としてビジネス上は非常にドライに整理をつけているのです。

善良な市民が多いとされる日本国民の中で、自分の収入証明書までわざわざ偽造して、公文書偽造罪で捕まるかもしれないリスクをとりながら、カードローンの申請をしてくる、ある種とてつもない勇気を持っている悪質な人間がどれくらいいるというのでしょうか?

ごくまれに出てくる悪い知恵を持った人間を排除するためにCheck コストを大掛かりにかけるよりは、そのような人間もほんの少しはいるものだと割り切る方がビジネスとしては王道でしょう。