何を審査されてるの?


有人店舗で社会的にアウトとみなされるような行動をとってしまった先ほどのような例に関しては、いわゆるブラック扱いと言われても仕方がありませんが、一般的にはどういう人が審査に通らないのかここで詳しく扱っていきます。


そもそも審査を通す特別な信用会社の存在を皆さんはご存知でしょうか?信用情報機関と呼ばれるそこは大きく分けて三つあります。その三つの情報機関は、銀行系の情報センターと貸金業法系の情報センターそしてクレジットカードの情報機関、に分かれています。

いちいち名前を覚える必要はありません。


ただこういった情報機関がデータのやり取りを相互にやりながら、利用者の過去の行動および借り入れの履歴を共有し、慎重に審査をしている、ということだけ頭に入れておく必要があります。

全国銀行個人信用情報センターは、アルファベットでKSC と言われていまして、ここはそれぞれの情報が消えるまでの期間が以下のようになっています。


延滞情報は5年
代理弁済は5年
自己破産は10年
任意整理は5年


他の情報機関の場合は延滞が1年だったり自己破産が7年だったりあるいは、自己破産が5年だったりと、各情報機関によってそれぞれまちまちです。ですので、過去に自分が返済を滞ったり事故があったのと、心当たりのある人はまずそれが上部に挙げた三つの信用情報機関のうちのどれにあたるのかを把握して、自分の過去の歴史と照らし合わせるようにしたほうがいいと思います。


これら信用情報機関が把握している個人情報としては、申し込み情報本人識別情報、申し込み内容に関する情報、クレジット情報契約に関する情報、支払状況に関する情報、割賦販売法対象商品の支払状況に関する情報、貸金業対象商品の支払状況に関する情報、などが挙げられます。


特に支払状況に関する情報は、一番重要視されていますのでご注意ください。