お金をきっちり返すためのコツ


世の中を見ていると、どう考えても金融会社は儲かっていると見えます。

また、個人金融は、近年規制がふえ、よほどの体力がないと事業として成立しなくなってしまいました。日本の高度経済成長時代を裏で支えたのは個人の金貸しであり、いわゆる街金が、銀行では借りれないような人にお金を貸すことによって資本の流動化し、経済がどんどんと成長していたという事実があります。


日本経済が成熟化し、サラ金が社会問題化することによって規制を設けられ、多くの事業者が廃業に追い込まれました。その結果社会的にも信用のある銀行や大手の金融会社だけが残るような政策を日本当局はとりました。

お金は借りたら返しましょう。この当たり前のことができない人は非常に多いです。

これだけ社会問題化したということは借りた金を返さない返さない人がとてつもなく多かったということの裏返しです。ですのでカードローンやキャッシングを利用する人はいつでも自分の返済ができなくなる人に転落するんだということに気づくべきです。ですので返済計画は慎重に立案し、返済しやすい状況を自分自身で意図的に作る必要があります。

その意味では自分の自宅の近くのATMでお金が返せるのがベストです。今の時代はATMの利用者が自分のお金を引き出しているのか借りたお金の返済をしてるのかは、区別がつきません。

借入をする時にその申請が手こずるということや、その習性で近所の人に目立つのは嫌だという理由で、自分の自宅の近所に系列店のない金融機関を選んでしまっては転落の人生の始まりの一歩だと言えます。

つまりお金はきちんと返さなければいけないので、返しやすいところを選ばなければいけないのです。その意味で自宅の近くのコンビニや自宅に無人機のあるカードローンやキャッシングを利用することを強くお勧めします。