お金をきっちり返すためのコツA


カードローン利用者が急増している理由の一つに、返済の仕方があるでしょう。

キャッシング会社の有人店舗まで出向いて財布から今月の支払額を取り出して、支払う。かつて個人の金融業をやっていた、いわゆる街金サラ金の取立てと利用者の関係性のようなものが、今この時代でも店舗中に入ればあります。

しかし若者はそもそもそのような意識もなく、お金を借りたことに対しての罪悪感みたいなものもあまりありません。ですので、お金の返済に関しても非常にドライなやり方を好みます。このドライなやり方というものに合致しているのが毎月銀行口座から一定額引き落とされるやり方です。

カードローンが多くの人に重宝されているのは返済が勝手に引き落とされて楽だという側面もあります。結果として、いちいちお金を回してるような意識はなくても期日内に口座に一定額を預け入れて送ればどっかのタイミングで完済していると、この何とも言えないお気楽な流れが、若者にうけ、カードローン利用者やキャッシング利用者が増えているわけです。


昔のように人と人のつながりでお金を借りお金を返す、このようなある意味健全な時代は終わりました。


今、お金を貸してくれるのはATMなのです。そうすると返済しなければならないという意識も昔よりも薄いのです。意識が薄いなら業者はお金を取り返せなくなるのではないかという懸念も増えると思いませんか?

ところがそうはなっていません。

なぜならば、今の現代人はいろんなものが、毎月毎月口座から引き落とされて行っているからです。携帯電話やクラブの会員費用、様々なものが毎月毎月引き落とされます。結果としてその中にお金を借りた返済利息や金利が入っていても誰も気づかない正確に言えば気づいてはいるけれど、気になっていないわけです。

時代が大きく変わりカードローン会社のあり方も大きく変わっているのです。