無担保でお金が借りれる???


無担保でお金を金融機関は個人に貸すサービスがカードローンですよね。考えてみればとてつもなくリスクが高いことではないでしょうか?


何がって他人にお金を貸すことです。
個人向けのカードローンは無担保でお金を貸すのが基本です。


もちろん年収や職場や個人情報はそれなりに引き出しますし、与信として勤務先に電話などもします。しかし借りる側もバカではないのでお金が借りれるように様々な細工をする場合もあるでしょう。カードローン業者やキャッシング業者も当然そういった工作を見越して、お金を貸し付けているわけです。

今までの借り入れの実績や返済の実績。クレジットカードのショッピング枠を含めた金融系のローンは他にいくらぐらいあるのか、当然全て調べられてしまいます。


審査の基準は会社にによって非公開ですが、消費者金融側は、顧客の情報を同時に、把握できるようデータのキャッチボールをしています。この仕組みにより、過去に事故した人には貸し付けないように、つまり資金が焦げ付かないように未然に防ぐことをやっているのです。


カードローンやキャッシングを実行する会社は、表現は悪いですが、お客を生かさず殺さずが一番儲かりますので、そのように長く付き合いをするようにしむけていきます。その結果、銀行カードローンの返済の仕方の最もメジャーなものはリボルビング払いになっています。

このリボルビング払いというものは一体何なのでしょうか?


利用した人にとってみれば理解にたやすいやり方でも初めての方は全くわかりませんので説明してみましょう。
このリボルビング払いとは毎月あらかじめ指定している。一定額を返済するというやり方です。たくさん借りても少なく借りても、毎月自分が決めた一定の額を返済していくことで自動計算し、金利も変わります。


借金を全部返し終わるまで一定の額を返し続けるのです。